M&A NEWS

2022/08/04

ミネベアミツミ<6479>、ホンダ<7267>傘下で四輪・二輪車用ロック製品のホンダロックを子会社化

ミネベアミツミは、ホンダ傘下で四輪・二輪車向けなどのロック(鍵)製品を開発・製造するホンダロック(宮崎市。売上高935億円、営業利益21億2000万円)の全株式を取得し、子会社化することを決めた。ホンダのサプライヤー(部品供給会社)としてさまざまな分野で協力関係の構築を目指すほか、ドアなどの施解錠に関連する「アクセス製品」事業の強化につなげる。取得価額は非公表。2022年中の取得完了を見込む。

ホンダロックは1962年に設立し、二輪車用のロック製品の製造に乗り出した。現在、四輪・二輪車、農業・建設機械用のロック製品と住宅用のキーレスシステムを主力としている。

ミネベアミツミは2019年に、自動車部品メーカーのユーシン(当時東証1部)を傘下に収めた。ユーシンは主力製品の一つとしてロック製品を取り扱っており、ホンダロックとのビジネス補完が期待できる。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。