1. ホーム
  2. M&Aとは
  3. 会社を売却するには

会社を売却するには

現在、日本でも若い起業家や40代、50代の中堅世代も含め、多くの経営者が会社売却を検討しています。

譲り受け企業の重要なポストに任命され、よりダイナミックな仕事を追求できる。会社売却で得た資金で、別の分野で新たな挑戦をする。
会社売却で得た時間で、長年の夢だった世界一周旅行を実現する。

会社売却は、このような人生の新たなステージの扉も開くための現実的手法なのです。

多くの経営者は会社売却に対して期待を抱くと同時に多くの不安を抱えます。
誰にも相談できずに会社売却を決断するのは並大抵のことではありません。

まずは、自社の状況を正確に把握し、信頼できる相談相手を見つけ、早い段階から検討を進めましょう。
会社売却。それはあなたの周りのみなを幸せにするもっとも現実的は手法であるかもしれません。

1.売れる会社の条件とは

  • 安定した利益を出す実力がある
  • 事業に将来性がある
  • 買い手にとって相乗効果が見込まれる
  • 手に入りにくい“何か”を持っている

2.買い手はここを見る

買い手がつく会社であるためには買い手の見方を知っておく必要があります。買い手企業は対象企業の事業内容が自社の戦略にマッチしているかどうかは当然として、これらの点を見てきます。

3.どうすれば売れる会社になれるか

売却できる会社であるためには、まず買い手の見方を理解し、次にそれに合わせた準備をしておかなければなりません。どのような準備が必要なのでしょうか?

4.誰に相談すればよいか

実際に会社売却に向けた準備をするとはいっても、専門的知識を要する事項もあり、自力では限界もあります。そこでM&A実務に精通した財務アドバイザーを有効に利用すると良いでしょう。具体的には…

5.会社売却の手順

まずはご相談。個室を用意し、ご相談内容は秘密厳守で対応いたします。事業の現状やご意向などお伺いし、どのような形でM&Aを進めるのが良いかなどをM&Aアドバイザーからご提案します。