M&A NEWS

2022/07/26

ポラリス・ホールディングス<3010>、フィリピンで「Red Planet」ホテル13棟を保有・運営する持ち株会社を子会社化

ポラリス・ホールディングスは傘下企業を通じて、フィリピンで「Red Planet」ブランドのホテル13棟(2208室)を保有・運営するマレーシアのRed Planet Holdings(Philippines)Limited(売上高4億8600万円、純資産△36億4000万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。取得価額は9億9200万円。取得予定は2023年1月頃。

「Red Planet」はエコノミーまたはミッドスケールクラスでアジア有数のホテルブランドの一つで、フィリピンのほか、日本、インドネシア、タイで展開している。今回子会社化するRed Planet Holdingsはフィリピンで傘下企業を通じて「Red Planet」ホテルを展開する持ち株会社。足元では多額の有利子負債を抱える一方、コロナ禍による旅行需要の落ち込みで売上高が減少し、30億円を超える債務超過に陥っている。

子会社化に当たっては実質的に約79億円の債務免除が行われる予定。これにより、純資産額は約44億円の資産超過に改善される見込みという。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。