M&A NEWS

2022/06/22

リグア<7090>、芙蓉総合リース<8424>傘下のアクリーティブから療養費早期支払いサービス事業を取得

リグアは子会社のヘルスケア・フィット(大阪市)を通じて、芙蓉総合リース傘下で金融関連サービスのアクリーティブ(東京都千代田区)から療養費早期支払いサービス事業を取得することを決めた。主力顧客である接骨院を対象に資金繰りを支援する。取得価額は直近の営業貸付残高推移を踏まえ4億円程度を見込む。取得予定日は2022年7月1日。

リグアは2018年5月にヘルスケア・フィットを子会社化し、接骨院などの事務負担の軽減を目的とする療養費請求代行事業を始めた。接骨院が健康保険組合などの保険者に対して療養費を請求してから入金されるまでに3カ月程度を要する。このため、早期に資金を必要とする接骨院に対し、これまでアクリーティブが手がける療養費早期支払いサービスを利用していたが、事業そのものを傘下に取り込むことでワンストップサービスの提供が可能になる。

対象事業の直近売上高は2990万円。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。