M&A NEWS

2022/05/27

SBIホールディングス<8473>、岡三証券グループ<8609>傘下の岡三アセットマネジメントを子会社化

SBIホールディングスは、準大手証券の岡三証券グループ傘下で資産運用事業を手がける岡三アセットマネジメント(東京都中央区。売上高90億4000万円、営業利益5億2700万円、純資産145億円)の株式51%を第三者割当増資により取得し、子会社化する方針を決めた。2023年3月末をめどに最終合意を目指す。SBIは現在6兆円超のグループ運用資産残高を2026年3月までに10兆円を超える規模に拡大させる目標を掲げており、その一環。

SBIは資産運用事業を主要事業の一つに据え、顧客ニーズの高い運用商品の提供や地域金融機関からの運用受託の拡大、ベンチャーキャピタルを通じた投資などに力を入れている。2020年4月に資産運用会社のレオス・キャピタルワークス(東京都千代田区)を子会社化したのに続き、新たな買収先の検討を進めていた。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。