M&A NEWS

2022/05/23

タカミヤ<2445>、グリーンハウスなど農業用建築工事の八女カイセーを子会社化

タカミヤは、農業用建築工事の八女カイセー(福岡県広川町。売上高8億8000万円、営業利益1320万円、純資産1億7200万円)の株式83.5%を取得し子会社化した。新たな経営の柱として育成中の農業用事業の拡大が狙い。取得価額は非公表。取得日は2022年5月19日。

八女カイセーは1962年設立で、パイプハウス、鉄骨ハウス、温室、果樹棚などの農業用グリーンハウス事業を手がける。タカミヤは建設用仮設機材の製造、レンタル・販売、施工を主力とするが、近年、子会社のタカミヤの愛菜(東京都中央区)を通じて農業用グリーンハウス・関連資機材の販売・施工を中心にアグリ事業に乗り出している。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。