M&A NEWS

2022/04/28

リコー<7752>、富士通<6702>傘下でスキャナー大手のPFUを子会社化

リコーは28日、富士通傘下でスキャナー大手のPFU(石川県かほく市。売上高1149億円、営業利益12億円、純資産602億円)の株式80%を取得し、子会社化すると発表した。OAメーカーからデジタルサービス会社への転換に向けた成長投資の一環で、加速領域と位置付けるオフィスサービス事業の拡大につなげる。富士通はPFU株の20%を継続保有し、リコーとの事業補完などに向けた協業を検討するとしている。取得価額は842億円。取得予定日は2022年7月1日。

PFUは業務用スキャナーのトップメーカーで、文書の電子化を支えるハードウエア・ソフトウエア関連の技術や業務課題解決に関するノウハウを強みとする。また、国内におけるクラウド構築・運用といったITマネジメントサービス、産業用コンピューターボードやセルフサービス端末なども手がける。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。