M&A NEWS

2022/04/21

Oakキャピタル<3113>、サイト改善・運営支援などのユニヴァ・ジャイロンを子会社化

Oakキャピタルは、サイト改善・運営支援などのデジタルマーケティングツールを提供するユニヴァ・ジャイロン(東京都港区。売上高1億5100万円、営業利益△2200万円、純資産△800万円)の株式86%を取得し、子会社化することで検討を始めた。もともとはユニヴァ・ジャイロンの親会社でキャッシュレス決済事業のユニヴァ・ペイキャスト(同)を子会社化する予定だったが、これを延期したうえで、ユニヴァ・ジャイロンを先行して子会社として取り込む。取得価額は未確定。取得予定日は2022年5月31日。

Oakキャピタルは2021年12月に、インバウンド(訪日観光客)決済に強みを持つユニヴァ・ペイキャストを株式交換により今年6月に子会社化すると発表。しかし、コロナ禍の収束の遅れからインバウンド関連の決済収益の回復までになお時間を要すると判断、子会社化の時期を延長するとともに、子会社化の是非についても再検討することにした。

一方、ユニヴァ・ペイキャスト傘下のユニヴァ・ジャイロンは、サイト改善・運営支援ツール「Gyro-n」などのデジタルマーケティングツールを主力とし、SaaS(サービスとしてのソフトウエア)型収益モデルとして2万以上のWebサイトに提供実績を持つ。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。