M&A NEWS

2022/04/21

中小企業ホールディングス<1757>、給排水管の設備・更生工事を手がける子会社のサニーダを邦徳建設に譲渡

中小企業ホールディングスは、給排水管の設備・更生工事を手がける子会社のサニーダ(東京都新宿区。売上高5700万円、営業利益△1010万円、純資産△3億6200万円)の全株式を、地場建設業の邦徳建設(千葉県松戸市)に譲渡することを決めた。ここ数年来、経営立て直しを図ってきたが、受注の拡大が見込めず、独立した子会社として事業を継続することが困難な状況にあった。サニーダの設立は1972年。譲渡価額は99万2000円。譲渡予定日は2022年5月16日。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。