M&A NEWS

2021/10/21

ウインテスト<6721>、太陽光発電サービスのオランジュをエネプライムに売却

ウインテストは、100%子会社で太陽光発電O&Mサービス(運転管理・保守点検)を手がけるオランジュ(横浜市。売上高8300万円、営業利益△363万円、純資産△5360万円)を、自然エネルギー関連設備などの販売を手がけるエネプライム(東京都新宿区)に売却すると発表した。

同サービスは近年のFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)の売電単価の下落と太陽光発電所の新設件数が減少しているのに伴い、成長が鈍化している。オランジュの2021年9月中間期の売上高は3583万3000円にとどまり、806万3000円の営業損失を計上した。当初想定していた相乗効果も限定的だったため、売却を決めた。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2021年10月21日。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。