M&A NEWS

2022/08/01

資生堂<4911>、パーソナルケア製品の生産事業を英投資ファンドCVCキャピタル・パートナーズの傘下企業に譲渡

資生堂は、久喜工場(埼玉県久喜市)とベトナム工場(ドンナイ省)で手がけるパーソナルケア製品(スキンケア、ヘアケアなど)の生産事業を、英国投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズに譲渡することを決めた。パーソナルケア事業については昨年7月に、CVCに譲渡したうえで合弁運営に移行したが、事業の持続的な成長を確実なものにするためには生産・販売の一体化が必要と判断した。

譲渡先はCVC傘下のAsian Personal Care Holding(東京都千代田区)。久喜工場の事業は資生堂が今後会社分割して設立する新会社が承継し、この新会社の全株式を譲渡する。譲渡価額は非公表。譲渡完了は2023年1~3月を予定。

一方、ベトナム工場については現地運営会社Shiseido Vietnam Inc.の全持ち分を約60億7600万円で譲渡する。譲渡完了は2023年下期中を見込む。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。