M&A NEWS

2022/07/29

藤倉化成<4620>、プラスチック用コーティング材製造のインドネシア合弁会社KKIを子会社化

藤倉化成は、インドネシアでプラスチック用コーティング材を製造する合弁会社フジクラカセイインドネシア(FKKI。売上高3億9400万円、営業利益3300万円、純資産4億7400万円)の増資を引き受け、子会社化することを決めた。藤倉化成グループの持ち株比率は現在の49%から79.6%となる。現地での成長促進や競争力強化が狙い。取得価額は約5億4000万円。取得予定は2022年8月以降。

藤倉化成は2011年にFKKIに資本参加し、合弁運営してきた。現在の出資構成は現地パートナー企業51%、藤倉化成49%。増資後は藤倉化成本体、同社タイ現地法人が各39.8%、現地パートナー企業が20.4%となる。

FKKIは現在、貸工場で操業しているが、2020年に工場用地を確保し、自社工場の建設計画を進めている。着工に伴う建設費用、設備投資などの資金需要に伴い、増資引き受けを通じて必要な自己資本の充実を図る。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。