M&A NEWS

2022/07/28

相鉄ホールディングス<9003>、別荘地「相鉄の那須」事業をエンゼルフォレストリゾートに譲渡

相鉄ホールディングスは子会社の相鉄不動産(横浜市)を通じて手がける別荘地「相鉄の那須」(栃木県那須地域)事業を、エンゼルフォレストリゾート(静岡県熱海市)に譲渡することを決めた。事業の選択と集中の一環。相鉄不動産は1968年から「相鉄の那須」の分譲を始めたが、これ以外に那須地域で新たな別荘地分譲の展開はなく、50年以上が経過していた。譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2023年4月1日。

「相鉄の那須」は那須五峰のふもと、三方を御料地に囲まれたエリアにある高原別荘地。譲渡先のエンゼルフォレストリゾートは総合リゾート事業を展開するエンゼルグループ(新潟県湯沢町)の傘下で、別荘地管理や水道・温泉供給などを主力とする。当該事業の直近売上高は2億2700万円。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。