M&A NEWS

2022/07/19

アクアライン<6173>、生活救急サービスの検索・予約サイト運営子会社のEPARKくらしのレスキューをROYに譲渡

アクアラインは、害虫駆除や家の修理、ハウスクリーニングといった生活救急サービスの検索・予約サイトを運営する子会社EPARKくらしのレスキュー(東京都港区。売上高3億5500万円、営業利益△7300万円、純資産9億600万円)の全保有株式51%を、住宅リフォーム工事のROY(川崎市)に譲渡することを決めた。譲渡価額は4億5000万円。譲渡予定日は2022年7月29日。

アクアラインは2020年3月にEPARKくらしのレスキューを子会社化した。しかし、コロナ禍の影響に加え、アクアラインが手がける訪問販売業務について2021年8月末から2022年5月末までの間、消費者庁から行政処分を受けたことを受け、EPARKくらしのレスキューの運営について再検討を進めていた。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。