M&A NEWS

2022/05/26

ゼロ<9028>、建機の自走回送事業を手がけるIKEDAを子会社化

ゼロは、建設機械のレンタル会社を対象に車両の自走回送事業を手がけるIKEDA(横浜市。売上高10億4000万円、純資産2億9500万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。時間外労働(残業)の上限が設定される、いわゆる「物流の2024年問題」に伴うドライバー不足への対応の一環。取得価額は非公表。取得予定日は2022年5月31日。

IKEDAは1995年に設立し、300人以上の契約ドライバーを抱え、東北から九州まで11拠点を通じて全国にサービスを展開している。ゼロの傘下に入るのに伴い、社名を「ゼロ・プラスIKEDA」に変更する。

ゼロは祖業の車両運送に加え、ドライバー人材の派遣・送迎請負、一般貨物事業などを営んでいる。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。