M&A NEWS

2022/05/25

ディー・エヌ・エー<2432>、医療ICTベンチャーのアルムを子会社化

ディー・エヌ・エーは、医療ICT(情報通信技術)ベンチャーのアルム(東京都渋谷区。売上高10億2000万円、営業利益△3億6200万円、純資産32億8000万円=2021年8月期、決算期変更に伴う5カ月決算)を子会社化することを決めた。医療・介護といった社会課題領域における収益基盤の強化が狙い。7月1日付で第三者割当増資を引き受けて37.3%を取得。続いてアルム社長の坂野哲平氏から株式を追加取得し、持ち株比率を57.5%とするが、子会社化の時期については未確定。取得価額は292億5400万円。

アルムの主力サービス「Join」(汎用画像診断装置用プログラム)は日本で初めて保険診療の適用が認められたアプリで、地域医療の要である中核病院をはじめとした約470の医療機関で導入されているという。また、新型コロナウイルス感染症対策では同社の「MySOS」が厚生労働省入国者健康確認センターに入国者健康居所確認アプリとして採用された。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。