M&A NEWS

2022/05/25

五健堂<9146>、タイヤ販売・保守管理の三輪タイヤを子会社化

五健堂は、タイヤの販売・保守管理を手がける三輪タイヤ(京都市。売上高6億8800万円、営業利益1910万円、純資産1億7500万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。主力事業である食品物流との相乗効果が見込め、業容拡大につながると判断した。三輪タイヤは1972年に創業し、大型車用タイヤの取り扱いに強みを持つ。取得価額は非公表。取得予定日は2022年6月1日。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。