M&A NEWS

2022/05/23

小僧寿し<9973>、食肉製造卸子会社のミートクレストをキヨタミートホールディングスに譲渡

小僧寿しは、食肉製造卸業のミートクレスト(大分市。売上高30億4000万円、営業利益800万円、純資産1億6000万円)の全株式を、経営コンサルティングのキヨタミートホールディングス(大分市)に譲渡することを決めた。事業の選択と集中の観点から、主軸事業や収益性の高い事業に経営資源を集中させることにした。ただ、小僧寿しは2021年12月に飲食事業部門の基盤強化を目的に、ミートクレストを子会社化したばかりだった。譲渡先のキヨタミートホールディングスはミートクレストの清田浩徳社長が設立した会社。譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2022年6月1日。

ミートクレストは牛、豚、鶏の食肉原料調達から、食肉生産加工・販売までを手がける。精肉商品や、自社開発のローストビーフ、ハンバーグなどの加工商品は主にスーパーマーケット、ドラッグストアに提供している。

小僧寿しはミートクレストを売却後も、食肉原料調達のパートナーとして同社との協業関係を維持することにしている。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。