1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2019年

M&Aニュース 2019年

東洋ドライルーブ<4976>、ドライルーブ加工受託の長野ドライルーブを子会社化

2019年3月15日

東洋ドライルーブは、ドライルーブ加工や表面処理加工の受託を手がける長野ドライルーブ(本社・長野県箕輪町、純資産△6600万円)の事業を取得することを決議した。長野ドライルーブが事業分割を目的に4月1日に設立する新「長野ドライルーブ」(同)の株式90.9%を取得して子会社化する。

長野ドライルーブは1980年に設立し、固体被膜潤滑処理・表面処理加工、精密部品販売を手がける。同社設立時に、東洋ドライルーブはコーティング加工の技術指導を行った経緯などから、25%を出資する関係だった。当該事業の業績は売上高4億3100万円、営業利益73万1000円。

取得価額は2000万円。取得予定日は2019年4月1日。