1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2018年

M&Aニュース 2018年

栗田工業<6370>、水道管劣化予測ソフトウエアサービスの米Fractaを子会社化

2018年5月30日

栗田工業は、米国で水道管劣化予測ソフトウエアサービスを手がけるFracta,Inc(デラウェア州。資本金約8億3000万円、売上高、営業利益、純資産は非公表)の株式50.1%を取得し、子会社化することを決議した。増資引き受けと既存株主からの取得により連結子会社化し、将来的には完全子会社化する予定。

米国では水道管の劣化が深刻な問題になっており、栗田工業は水道事業者やメンテナンス業者向けに劣化予測サービスの需要が伸びると期待している。今後は営業や開発の体制を強化し、5年後の2023年に同サービスで年間売上高3000万ドル(約32億5000万円)を目指す。

株式取得価額は約3700万ドル(約40億円)。取得予定日は2018年5月31日(米国時間)。