1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2014年

M&Aニュース 2014年

ミネベア<6479>、岡本硝子<7746>傘下のJAPAN 3D DEVICESを子会社化

2014年7月31日

ミネベアは、岡本硝子の連結子会社で薄板精密成型ガラス製造のJAPAN 3D DEVICES(新潟県柏崎市)が実施する第三者割当増資を引き受け、7月31日付で子会社化した。取得価額は3億7500万円。ミネベアの株式所有割合は51.73%となる。

岡本硝子は車載用機器などで需要が見込まれる薄板精密成型ガラスの製造を拡大するため、4月にJAPAN 3D DEVICESを設立し出資者を募っていた。ミネベアは自動車のフロントガラスに速度や地図などを表示する車載用HUD関連機器の製品化を模索しており、JAPAN 3D DEVICESの技術を取り込み、製造や販売などで協業する見通し。