1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2014年

M&Aニュース 2014年

アコーディア・ゴルフ<2131>、ウッドランド産業の株式の取得(子会社化)を発表。

2014年2月28日

アコーディア・ゴルフは、ウッドランド産業の株式を日本アクセスより取得し連結子会社とすることを発表した。

今回、連結子会社とするウッドランド産業が運営する「ニキシマスポーツセンター(東京都調布
市、88 打席)」は、中央道・調布IC より10 分、甲州街道にも近接していて、京王線・飛田給駅から
徒歩7分と利便性が高く、スクール、工房などを兼ね備えた都市型ゴルフ練習場である。

アコーディア・ゴルフは、質の高いゴルフ場資産の収益力の再強化を戦略の柱に据え、競争優位性の確保および顧客の囲い込みによる収益の拡大に取り組んでいる。
さらに、質の高いゴルフ場資産を中心としたゴルフ場ポートフォリオを構築するため、2008年以降、首都圏・中部圏・近畿圏といった3大都市圏内において、優良なゴルフ場を厳選取得してきた。
また、同社の保有するゴルフ場を中核として、ゴルフ練習場の新設、取得、施設賃借等をはじめ、
他企業が運営するゴルフ練習場との提携も積極的に実施し、他のゴルフ関連事業者にない優位性の構築を目指している。
さらに、ゴルフ練習場事業は、これらのシナジー効果に加えて、事業単体の収益性においても同社の収益に貢献すると考えている。

取得株式数は20,000株(所有割合100%)。