1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2014年

M&Aニュース 2014年

富士精工<6142>、タイ関連会社の切削工具・研削工具メーカーを株式追加取得により連結子会社化

2014年2月19日

富士精工(株)(以下「富士精工」)は、切削工具・研削工具メーカーであり工具保持具の販売を事業とする持分法適用関連会社のFSK(THAILAND)CO.,LTD.(タイ、売上高10億3000万円(328,942千Baht)、営業利益△1億1500万円(△36,535千Baht)、純資産14億4000万円(457,760千Baht)、株式所有割合35.08%、以下「FSKT」)の株式を15.92%追加取得し、連結子会社化することを決議した。株式取得後の所有割合は51.00%となる。

FSKTは、切削・研削工具等のメーカーとして設立されたが、現地における日系自動車メーカー等からの切削工具の旺盛な需要にこたえるため、富士精工は資本参加したとしており、今回、経済発展の著しいASEAN地域における重要拠点としてFSKTを位置付け、切削工具分野におけるさらなる競争力・成長力強化に向け株式を追加取得し、連結子会社化するとしている。

株式譲渡価格は約2億3000万円(約7千2百万Baht)。
株式譲渡実行予定日は2014年3月28日。
※ 1Baht=3.155円で換算。