1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2014年

M&Aニュース 2014年

ハイレックスコーポレーション<7279>、ドア・ラッチメーカーの子会社化

2014年2月15日

(株)ハイレックスコーポレーション(以下「ハイレックスコーポレーション」)の連結子会社である大同ハイレックス(株)(韓国、持株比率61.1%、以下「DDHL」)はドア・ラッチメーカーである(株)リーハンドア(韓国、売上高114億円、営業利益△3億200万円、純資産△2200万円、以下「LHD」)の株式を100%取得し、連結子会社化することを決議した。

DDHLは、ハイレックスコーポレーションの主力事業の一つであるウインドレギュレータ等を製造及び販売している。他方、LHDは、ドア・ラッチの製造及び販売をしている。
DDHLは、2013年8月頃、LHDの親会社である(株)リーハンよりLHDの株式取得の要請を受け、同社の今後の成長可能性等について検討してきたとのこと。その結果、DDHLは、ドア・ラッチの製㐀及び販売分野において高度な技術・ノウハウを有するLHDと連携を図ることにより自動車市場のシェア拡大が見込めると判断したことから、当該要請を受けることとしたとしている。

株式譲渡価格は10億7000万円(113億ウォン)。
手数料、報酬その他費用の概算額合計は9500万円(10億ウォン)。
株式譲渡実行予定日は2014年3月13日。
※ 1ウォン=0.0954円で換算。