1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2014年

M&Aニュース 2014年

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>、富士フイルムHD<4901>グループの傘下へ

2014年2月14日

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は、富士フイルムに対して第三者割当による新株予約権の発行を実施することを決議した。富士フィルムホールディングスの完全子会社である富士フイルムがJ-TECの総議決権の46.36%を保有する筆頭株主となる。同じく富士フィルムHDの子会社である富山化学工業と合わせた総議決権は50.47%となるため富士フィルムHDが親会社となる。

富士フィルムはヘルスケアを今後主要となる事業の一つとして位置付けており、富士フィルムが開発する細胞培養足場材を活用した再生医療製品の研究開発委託に関してJ-TECと基本合意をしている。新プロジェクトの立ち上げやJ-TECの財務基盤強化を図るために支援することにした。J-TECは研究開発において富士フィルムと強力な関係を構築することで、再生医療の産業化に向けた事業シナジーが発揮できると判断した。

資金調達額は73億8000万円。発行予定日は2014年3月31日。