1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2014年

M&Aニュース 2014年

JVCケンウッド<6632>、業務用無線システム開発会社の子会社化

2014年1月31日

(株)JVCケンウッド(以下「JVCケンウッド」)は、業務用無線システムの開発会社であるEF Johnson Technologies,Inc(米国、連結売上高51億6000万円、連結営業利益△5億7500万円、連結純資産3億7000万円、以下「EFJT」)を完全子会社化することを決議した。なお、EFJTの100%子会社であるE.F.Jhonson Companyも完全子会社となる。

JVCケンウッドグループは、今回の子会社化によって、同社が手掛けていないP25対応マルチバンド端末やインフラシステムを獲得することで、P25対応デジタル無線トータルシステムとして市場に提供することが可能になることに加え、EFJTグループの主要顧客となる米国連邦政府や州政府機関、メキシコなど中南米の政府機関等への販路拡大を図るとしている。加えて、P25対応業務用デジタル無線システムは、北米だけではなくアジアや中南米、新興国等への展開も予想されることから、今後世界規模での事業拡大を図っていくとしている。

株式譲渡価格は66億1000万円。
株式譲渡実行予定日は2014年3月中。
※ 1米ドル=105円にて換算。