1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2013年

M&Aニュース 2013年

日本コンピューター・システム<9709>とソフトウエア会社のアクセスが2014年8月に経営統合

2013年12月16日

日本コンピューター・システムと、ソフトウエア開発のアクセス(大阪市。売上高16億円、営業利益△1億2900万円、純資産54億1000万円)は2014年8月1日に合併することを決議した。日本コンピューター・システムがアクセスを吸収合併した上で、新会社を設立する。新会社の商号は未定。

日本コンピューター・システムとアクセスはともに独立系の情報サービス会社。アクセスは金融や信用情報の分野を中心にシステム開発などを展開している。日本コンピューター・システムは、官公庁、金融、製造と業務分野が広く、取引先も広範にわたっている。
両社は合併により、経営資源や取引先、技術などを統合することで、より強固な経営基盤の確立を図り、金融市場での事業拡大を目指す。

合併比率は未定。