1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2012年

M&Aニュース 2012年

カメイ<8037>、日系スーパーを所有する米Wanoba Groupと食品輸出のエービス・グループを子会社化

2012年12月27日

カメイは、米国で日系スーパーマーケットチェーンを運営するMitsuwa Corporationを傘下に置くWanoba Group Inc.(カリフォルニア州。売上高1億3600万円、営業利益9400万円、純資産500万円)と食品や日用品の輸出を手がけるエービス・グループ(東京都千代田区。売上高10億1000万円、営業利益△1990万円、純資産6410万円)の全株式を取得し、子会社化したと発表した。取得日はいずれも12月21日。

Wanoba Groupの取得価額は23億6000万円(アドバイザリー費用は別途8000万円)。エービス・グループが8500万円。

Mitsuwaは全米でMitsuwa Market Placeという日系スーパー9店舗を展開する米国最大級の日系スーパーマーケットチェーンで、Wanobaは持ち株会社。エービス・グループは厳選した日本食品を輸出するなどしている。

貿易業務拡大に取り組むカメイは両社を傘下に収めることで、米国における販売ネットワークの拡大と営業力の向上を進める。また、Wanobaをグループの北米事業拠点に位置付ける予定で、社名をKamei North America Co.,Ltd.に変更する。