1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2012年

M&Aニュース 2012年

コシダカホールディングス<2157>、ボウリング場運営のスポルトとボウリング事業を譲渡

2012年9月28日

コシダカホールディングスは、連結子会社でボウリング場運営事業を手掛けるスポルト(東京都新宿区。売上高29億6000万円、営業利益△1400万円、純資産△2億1700万円)の全株式を譲渡するとともに、コシダカホールディングスのボウリング事業の全部を、投資事業を運営するヴィーナス・ファンド(東京都渋谷区。純資産200万円)に譲渡することを決議した。

コシダカホールディングスはカラオケ事業、カーブス事業と共にボウリング事業の収益拡大を目指してきた。その結果、ボウリング事業は黒字化に向けた見通しをつけることができた。しかし、同社グループ内の事業としてより高い成長を期待することが難しいと判断し、ボウリング事業を譲渡することを決めた。譲渡する事業の売上高は28億9000万円、営業利益は△1億6300万円。

譲渡価額は500万円。譲渡予定日は2012年10月10日。