1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2011年

M&Aニュース 2011年

新東工業<6339>、ピーニング処理受託加工業の米ナショナル ピーニングを子会社化

2011年11月7日

新東工業は子会社を通じて、航空機や発電機の部品の表面加工(ピーニング)を請け負う米国のナショナルピーニングインコーポレーテッド(ノースカロライナ州。売上高約4億7600万円、営業利益約1億4800万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

ナショナルピーニングは、ジェットエンジンやタービンエンジンなどの航空機部品や発電機部品のピーニング事業において業界で高い評価を得ている。新東工業は、北米では鋳造装置や搬送装置の製造・販売事業が主体で、表面処理分野全般への事業展開を模索していた。ナショナル ピーニングの子会社化により、北米の航空機業界や自動車業界に対する知名度を向上させ、同地域における表面処理事業の基盤構築を図りたいとしている。

取得価額は約14億5000万円。取得予定日は2011年11月下旬。