1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2011年

M&Aニュース 2011年

ユタカ技研<7229>、中国の排気触媒コンバータ製造子会社を売却へ

2011年9月7日

ユタカ技研は、排気触媒コンバータなどを製造・販売する中国の重慶金豊機械有限公司(重慶市。売上高6億7100万円、営業利益2700万円、純資産4億2900万円)の出資持分の全部を、オートバイ部品を製造・販売する重慶金侖工業股份有限公司(重慶市。純資産約16億1000万円)と同社董事長(代表取締役社長)への売却に向けた協議を開始すると発表した。

重慶金豊機械は1995年に設立され、ユタカ技研が60%、重慶金侖工業股份が40%を保有している。譲渡後は、重慶金侖工業股份が80.0%、同社社長の呉明喜氏が20.0%を保有する。

取得価額は未確定。取得予定日は2012年3月下旬。