1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2011年

M&Aニュース 2011年

マスプロ電工<6749>、MBOにより上場廃止へ

2011年7月29日

不動産および有価証券の保有・運用を手がけるはしやま(名古屋市) は、マスプロ電工株を株式公開買付け(TOB)により取得することを決議した。はしやまは端山佳誠社長がマスプロ電工の社長を兼務しており、同TOBはマネジメント・バイアウト(MBO)として実施する。

マスプロ電工は大手アンテナメーカー。地上デジタル放送への移行をはじめとする外部環境の変化に迅速に対応するため、MBOによる上場廃止で株価や短期的な財務悪化にとらわれない事業改革を断行するのが狙い。

買付価額は1株あたり1070円で、前日終値640円に対し67.1%のプレミアムを見込んでいる。買付予定数は1608万9661株、下限は1608万9661株、上限は設けていない。買付期間は2011年8月1日から9月12日まで。買い付け総額は172億円を見込んでいる。MBOが成立すればマスプロ電工は上場廃止となる見通し。

MBOが成立した場合は、公開買付者のはしやまを消滅会社、対象者のマスプロ電工を存続会社とする吸収合併を実施する。一方、MBOで買い付け予定数の下限に達しない場合は、応募株式すべての買付けを実施しない。