1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2011年

M&Aニュース 2011年

日本電子<6951>、核磁気共鳴装置事業を産業革新機構との合弁会社へ譲渡

2011年1月31日

日本電子は核磁気共鳴装置や電子スピン共鳴装置などの研究開発・製造・保守事業(NMR事業)を新設分割により設立する「JEOL RESONANCE」(東京都昭島市)に承継させることを決議した。

新会社は産業革新機構(東京都千代田区)を対象とする第三者割当増資を実施し、日本電子と同機構との合弁会社とする。併せて新会社は神戸製鋼グループで国内で唯一のNMR装置用の超伝導磁石供給会社であるジャパンスーパーコンダクタテクノロジー(神戸市)からも出資を受ける。

NMR装置は、物質の分子構造を、原子レベルで解析する最先端の計測機器。製薬・バイオ・食品・化学分野だけでなく、有機ELや電池フィルムなどの新分野でも活用されている。国内産業の将来を支える研究開発に不可欠な装置という。

産業革新機構の支援によりグローバルな価格競争力を強化し、収益の安定化と経営基盤の堅牢化に努める。これにより国内オンリーワンの新世代NMRメーカーとして事業の飛躍的な成長を目指す。

第三者割当増資の払込予定日は4月上旬。払込金額は15億2000万円で、第三者割当増資実行後の持分比率は、産業革新機構50.1%、日本電子49.1%、ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー0.8%となる。