1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2010年

M&Aニュース 2010年

日本ラッド<4736>、医療関連システム開発のライジンシャを子会社化

2010年11月16日

日本ラッドは、医療情報関連システムの開発・販売を手がけるライジンシャ(東京都町田市。売上高4億9800万円、営業利益1800万円、純資産△3900万円)の株式を取得し、子会社化することを決議した。株式の所有割合は49.0%から67.5%に上昇し、ライジンシャは持ち分法適用会社から連結対象子会社となる。

ライジンシャは医療検査系システムに強く、民間病院向け総合システム開発にも実績がある。日本ラッドは2009年に出資し業務提携していたが、今後はグループ一体運営をさらに強化することで連結業績の向上を図る。日本ラッドはライジンシャ代表取締役社長の木村氏に対する貸付金の担保として株式の譲渡担保権を設定しており、今回の株式取得は担保権の行使によるもの。

取得価額は740万円。取得日は2010年11月16日。