1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

福田組<1899>、建設用重仮設材販売の北日本建材リースを譲渡

2009年12月7日

福田組は、建設用重仮設材の販売・リースを手掛ける北日本建材リース(新潟市。売上高58億1000万円、営業利益2億5600万円、純資産21億100万円)の株式を同社と豊田通商<8015>、ジェコス<9991>に譲渡することを決議した。所有割合は83.3%から30.0%に下がる。

北日本建材は、新潟県を中心とした東日本地域を営業領域とし堅調な業績を維持してきた。一方、福田組は事業ポートフォリオの見直しを進めており、建設用重仮設材の販売・リース業についてはノンコア事業と定義し譲渡先を検討していた。

福田組は、保有する北日本建材の株式の一部を同社に譲渡した上で、同業最大手のジェコスと北日本建材の既存株主かつ主要取引先である豊田通商に対しても、保有する北日本建材株式の一部を譲渡する。北日本建材は自己株式を取得後ただちに全株を消却するため発行済株式数に変動があるが、筆頭株主は豊田通商(34.3%)となる。

譲渡価額総額は26億円。譲渡予定日は2009年12月11日。