1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

荒川化学工業<4968>、タイの合成ゴム重合用乳化剤製造・販売の合弁会社を子会社化

2009年7月24日

荒川化学工業は、ロジン(松脂)系合成ゴム重合用乳化剤の製造・販売を手がけるタイの荒川ケミカル(ラヨーン県。売上高3億7200万円、営業利益△600万円、純資産4億1500万円)の株式を追加取得し、連結子会社化することを決議した。荒川ケミカルは三井物産グループと1995年に設立した合弁会社で、荒川化学工業は現在株式の50%を所有し持ち分法適用会社としている。今回の株式の取得により所有割合を90%に引き上げる。取得価額は約2億円。取得予定日は2009年9月上旬。

荒川化学工業はロジン関連化学製品の製造・販売でこれまでに台湾や中国、タイへの進出を進めてきた。荒川ケミカルを傘下に取り込み、アジアでの事業展開をより迅速に実施できる体制を整える。