1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

USEN<4842>、映画配給事業のギャガ・コミュニケーションズをMBOで売却

2009年6月30日

USENと同社子会社のアルメックスは、映画配給事業のギャガ・コミュニケーションズ(東京都港区。売上高103億円、営業利益△6億6100万円、純資産△64億3000万円)の全株式をティーワイリミテッド(東京都港区)とキノシタ・マネージメント(東京都新宿区)へ売却することを決議した。

ティーワイリミテッドはギャガ・コミュニケーションズ代表取締役会長の依田巽氏が代表取締役会長を務めており、MBO(マネジメント・バイ・アウト/経営陣による買収)による株式譲渡となる。ティーワイリミテッドが55%、キノシタ・マネージメントが残りの45%を所有する。

USENは2005年1月にギャガ・コミュニケーションズを子会社化したが、映画事業は業績の変動性が高く、2008年8月期には多額の損失を計上。環境変化の激しい映画市場においては、独立した体制による迅速な対応によって強固な地位を築くことが有益と判断した。

譲渡価額は計2億円。譲渡予定日は2009年7月上旬。