1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

大日本スクリーン製造<7735>、レーザー加工装置製造子会社を三星ダイヤモンド工業へ売却

2009年6月23日

大日本スクリーン製造は、レーザー搭載微細加工装置などを開発・製造するレーザーソリューションズ(京都市)の全株式を、板ガラス製造装置を開発する三星ダイヤモンド工業(大阪府吹田市)に譲渡することを決議した。

レーザーソリューションズは、大日本スクリーン製造の画像処理技術の応用展開やレーザー加工技術の開発を目的に設立され、現在は主にLEDのレーザースクライビング分野で事業を展開している。一方、大日本スクリーン製造は、事業環境の急激な悪化を受けて、現在再建策に取り組んでおり、レーザーソリューションズの売却はその一環。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2009年6月30日。