1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

MCJ<6670>、FX事業子会社を売却

2009年6月15日

MCJは、全額出資子会社でFX(外国為替証拠金取引)事業を手掛けるFXトレード(大阪市)の全株式を、投資・コンサルティング会社のIFG(名古屋市)へ譲渡したと発表した。

MCJは2007年10月にFXトレードを取得以降、同事業の拡大に努めてきた。しかし、2008年9月のリーマンショック以降は事業環境が悪化し、グループの主力事業であるパソコン関連事業も昨年来の市場停滞により競争力を再強化する必要があった。

2009年5月にFXトレードの事業の一部をPhillip Financialsに譲渡する契約を締結していたが、契約は解除される。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2009年6月15日。