1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

博報堂DYホールディングス<2433>、試合映像データ解析のデータスタジアムを子会社化

2009年5月22日

博報堂DYホールディングスは、連結子会社で総合メディア事業を手掛ける博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区)が、試合映像を元に作成したスポーツデータ、スポーツマネジメント・コンサルティング事業を手掛けるデータスタジアム(東京都世田谷区。売上高12億8000万円、純資産6億5900万円)を子会社化することを決議した。株式保有比率は3.00%から56.12%に引き上がる。

博報堂DYメディアパートナーズはかねてより様々なスポーツコンテンツビジネスを手掛けてきた。データスタジアムは、国内外のサッカー、野球などにおける選手、チーム成績他のデータコンテンツをスポーツ団体やメディアに販売することを主力事業としてきた。今回、博報堂DYメディアパートナーズは今回の子会社化により、同社の事業ノウハウを活用し、発信する放送・記事コンテンツ魅力の向上や、ファンマーケティング強化による商品価値の向上など、広告主へのスポーツコンテンツ販売の強化を目指す。

取得価額は6億1500万円。取得予定日は2009年5月29日。