1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

オストジャパングループ<2757>、サーモンオバリーペプチド製造販売の北日本化学を譲渡

2009年5月11日

オストジャパングループは、連結子会社でサーモンオバリーペプチド(SOP)製造販売を手掛ける北日本化学(札幌市。売上高2億8500万円、純資産△1億7000万円)の全株式を、北日本化学の代表取締役である盛孝男氏をはじめ個人2名に譲渡することを決議した。

北日本化学は、2009年1月にSOP事業部門において、主要取引先である協和薬品より取引契約解除通知を受けており、同社への出荷を停止していた。そうした状況の中、北日本化学の代表取締役である盛孝男氏および松江信子氏の個人2名より同社の全株式譲受の申し出に至り、今回、オストジャパングループは同社の全株式譲渡を決めた。

譲渡価額は0円。譲渡予定日は2009年5月15日。