1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

ワコールホールディングス<3591>、婦人インナー・手芸用品製造のルシアン<8027>を完全子会社化

2009年5月8日

ワコールホールディングスは、婦人インナーや手芸用品などの製造・販売を手がけるルシアン(大証1部上場)を株式交換により完全子会社化することを決めた。株式交換実施予定日は2009年8月17日で、ルシアンは8月11日付で上場廃止となる。

ルシアンはレース製品・雑貨の輸入販売業の野村商店として1933年に創業。インナーウエアなどのアパレル製品のほか、手芸用品を中心としたホビー事業も展開している。近年は自社ブランドに加えて、OEM(相手先ブランドによる生産)にも注力してきたが、売上高の減少傾向が続いていた。ワコールは優れたレース素材の企画生産力を持つルシアンを傘下に取り込み、国内インナーウエアの製品供給力を高める。また、これまでグループの主力だった高機能・高付加価値の商品とは異なる、低価格でファッション性の高い商品など幅広い領域での事業拡大を目指す。

株式交換比率はワコールホールディングス1:ルシアン0.065で、ルシアンの株式1株に対してワコールホールディングスの0.065株を割り当てる。