1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

オリックス<8591>、オリックス・クレジットを三井住友銀行へ譲渡

2009年5月7日

オリックスは、同社グループ会社でカードローン・信販業を主力とするオリックス・クレジット(東京都立川市。売上高363億円、営業利益95億1000万円、純資産381億円)の株式の一部を三井住友銀行(東京都千代田区)に譲渡し、共同事業化することを決議した。これにより株式所有割合は100%から49%に引き下がる。

オリックスグループは、1979年に創業以来、顧客目線の商品やサービスを提供してきた。1987年にはビジネスマン向けに低金利・大型極度枠のVIPローンカードの販売を開始し、同カードを含むプレミア・ローンの融資残高は3000億円強にのぼり、トップシェアを占めている。オリックスは今回の譲渡により、三井住友銀行の人材やノウハウを活用し、マーケットシェアの拡大と事業効率化を進め、双方の企業価値の向上を狙う。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2009年7月1日。