1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

ティー・ワイ・オー<4358>、ゲームソフト企画制作のスティングを譲渡

2009年4月30日

ティー・ワイ・オーは、連結子会社でゲームソフトの企画・制作などを手掛けるスティング(東京都目黒区。売上高5億4600万円、営業利益1億4100万円、純資産5980万円)の株式80.0%の全てをスティングの代表取締役である山藤武志氏へ譲渡することを決議した。

ティー・ワイ・オーグループは、中期経営戦略として財務基盤の強化を掲げ、これまで不採算子会社の底上げを実施してきた。スティングはゲームソフトの企画・制作を手掛けており、開発力には定評があるものの、自社企画案件を多く手掛けるため多額の先行投資を要し、運転資金の貸付が負担となっていた。ティー・ワイ・オーは事業採算性などを考慮した結果、エンタテイメント事業の同社の全株式譲渡と、並びにゲームソフトの企画・制作の全てから撤退することを決めた。

譲渡価額は3500万円。譲渡日は2009年4月30日。