1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

積水化学工業<4204>、化学会社の米Celanese Corporationの中間膜原料事業を取得

2009年4月27日

積水化学工業は、新たに設立予定の子会社が、化学会社の米国Celanese Corporation(テキサス州。売上高約6620億円)のグループ会社から、ポリビニルアルコール樹脂(PVA樹脂)事業を取得することを決議した。

積水化学工業の高機能プラスチックカンパニーでは、合わせガラス用中間膜事業を戦略事業と位置付けグローバルに展開してきた。特に自動車向けの中間膜は世界で42%のトップシェアを誇っている。中間膜は、ポリビニルブチラール樹脂(PVB樹脂)を製膜化することにより製造される。今回、同社はCelanese CorporationのPVB樹脂の原料であるPVA樹脂事業を取得することで、安定的な原料供給体制を構築し、需要地生産の促進と原料面での技術の相乗効果など、サプライチェーン(供給連鎖)の強化を図る。

取得価額は約168億円。取得予定日は2009年6月。