1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

マミヤ・オーピー<7991>、遊技場向けシステム関連事業のエフ・エスを子会社化

2009年3月27日

マミヤ・オーピーは、遊技場向けシステム関連事業のエフ・エス(東京都品川区。売上高15億2000万円、営業利益7300万円、純資産3億4300万円)の全株式を取得し子会社化することおよび、新たに遊技場向けシステム関連事業を開始することを決議した。

マミヤ・オーピーは、遊技場向け玉貸機カードユニット事業を主力事業としている。同社はエフ・エスを取得し新たな事業を開始することで、遊技場向け周辺機器・設備の事業領域を拡大し、経営資源の再配分による業務運営の効率化を図る。また、エフ・エスが蓄積したシステム開発技術やその設置・保守等のノウハウと、自社の電子制御技術との相乗効果により、さらに新しい事業分野への進出を狙う。

取得価額は5億円。取得予定日は2009年4月1日。