1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

省電舎<1711>、企業設備管理事業のファシリティ・パートナーズをMBOで売却

2009年3月19日

省電舎は、完全子会社で企業設備管理(コーポレート・ファシリティ・マネジメント)事業を営むファシリティ パートナーズ(東京都中央区。売上高32億5000万円、純資産1億1600万円)の全株式をファシリティ パートナーズ代表取締役社長の伊藤永利氏に譲渡することを決議した。

省電舎は、不透明感が継続する昨今の経営環境を鑑み、より一層の効率経営を行うことが必要であると認識している。その一環として、主力事業であるESCO(Energy Service Company/省エネルギーサービス)事業へ経営資源を集中し、かつ経営資源を効率的に活用するため、ファシリティ・パートナーズの売却に至った。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2009年3月31日。