1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

マツモトキヨシホールディングス<3088>、長野県と新潟県の子会社2社を合併

2009年3月18日

マツモトキヨシホールディングスは、完全子会社でドラッグストア経営の健康家族(長野県岡谷市。売上高127億円)と、同じく完全子会社でドラッグストア経営のマックス(新潟市。売上高98億4000万円)を合併することを決議した。健康家族を存続会社、マックスを消滅会社とする吸収合併方式となる。

健康家族は、長野県内に36店舗を展開。ヘルス&ビューティの関連商品や多彩な情報を提供するとともに、院外処方箋に対応した保険調剤を併設し、高度な医療機関としての専門性を提供している。マックスは、新潟県を中心に22店舗を展開し、地域に密着した事業展開を目指している。マツモトキヨシホールディングスは2社を合併することで、地域密着型の事業展開をさらに強化するとともに、甲信越地域におけるシェア拡大を図る。

合併予定日は2009年7月1日。