1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

ワイズテーブルコーポレーション<2798>、介護支援事業のタカラケアをナーシングサービス ホールディングスに売却

2009年2月25日

ワイズテーブルコーポレーションは、子会社タカラビルメンの子会社で介護支援事業のタカラケア(茨城県龍ケ崎市。売上高2億3900万円。営業利益3000万円。純資産3100万円)の全株式をナーシングサービスホールディングス(東京都中央区)に譲渡することを決議した。

ワイズテーブルコーポレーションは、外食事業として高級レストラン「VEX」やカジュアルレストラン「PIZZA SALVATORE CUOMO」等のレストランの運営を行う他、施設管理事業等を展開している。同社は事業の選択と集中において、タカラケアの展開する介護支援事業との相乗効果を考慮した結果、同社株式の譲渡を決めた。

譲渡価額は1億1900万円。譲渡予定日は2009年3月6日。