1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

ファーストエスコ<9514>、電力ビジネス事業および子会社3社をファンドへ売却

2009年2月10日

ファーストエスコは、電力ビジネス事業を会社分割により子会社化し、その新設子会社(予定名称F-Power)の全株式を投資ファンドのIDインフラストラクチャーズ1号投資事業(東京都品川区)に、また完全子会社であるフェスコパワーステーション群馬(群馬県太田市。売上高4億2500円、営業利益1200万円、純資産500万円)、中袖クリーンパワー(東京都中央区。売上高35億7000万円、営業利益△4500万円、純資産△1億2400万円)、新潟ニューエナジー(東京都中央区。売上高0円、営業利益△800万円、純資産△200万円)の3社の全株式を新設子会社に譲渡することを決議した。

ファーストエスコは赤字部門を売却することで事業収支および資金収支の改善を図る。対象事業の直近の売上高は61億3000万円、営業利益は△2億3800万円。

譲渡価額はF-Power1000万円、フェスコパワーステーション、中袖クリーンパワーおよび新潟ニューエナジーは各1円。
譲渡予定日は2009年4月1日。